トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 【根管治療】根管治療で根の管の中を丁寧に治療して歯を長持ちさせる

【根管治療】根管治療で根の管の中を丁寧に治療して歯を長持ちさせる

根管治療虫歯が悪化して神経まで広がると、リンパの腫れや強い痛みが伴い、日常生活でも食事が食べられなくなるなど、様々な支障をきたします。

虫歯菌によって神経がダメージを受けている場合は、根管(神経の通り道)内部の膿や細菌を取り除いて殺菌・消毒し、歯を長持ちさえるための治療を施します。これが根管治療。根管治療では根管内に薬を充填し、無菌状態にしてから蓋をします。通常の処置に比べると難易度が高く時間がかかり、完治するまでの期間は、根の状態やダメージの度合いによって違ってきます。

なお、根管治療を行った後の歯はもろくなり、細菌にも感染しやすいので、長持ちさせるためには、セルフケアの徹底とプロフェッショナルケアを受けることが大切になってきます。


トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 【根管治療】根管治療で根の管の中を丁寧に治療して歯を長持ちさせる


PAGE TOP