トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 虫歯の進行状態と具体的な治療方法

虫歯の進行状態と具体的な治療方法

虫歯の進行はC0~C4の4段階に分けられています。治療方法は段階ごとに異なります。

CoCo / 初期う触
歯の表面の穴や黒い変色がありませんが、歯の表面が溶け始めていますので、すでに脱灰が始まっています。この段階での治療方法は特になく、フッ素が入った歯磨き剤を使用して、しっかり歯磨きをすることで再石灰化が望めます。

C1C1 / エナメル質う触
虫歯菌(ミュータンス菌)によって、歯の表面のエナメル質が溶かされて穴があいていますが、象牙質までは広がっていませんので、痛みやしみることがありません。治療方法は、虫歯の部分を最小限に削り、保険適用の白い詰め物を入れて終了します。

C2C2 / 象牙質う触
虫歯が象牙質に達し、食べ物を摂取したときに、熱さ冷たさが伝わり歯にしみることがあります。この段階になると、触れると痛みがあるので治療には麻酔が必要です。虫歯が小さければ保険適用の白い詰め物を入れます。深部まで広がっている場合は、大きく削って感染部を取り除き、型取りをして詰め物を製作して入れます。

C3C3 / 神経まで達したう触
虫歯がさらに大きくなり、神経まで広がっています。強い痛みがあり、神経が損傷している場合は膿や歯ぐきの腫れなどが伴います。治療は、麻酔をして根管治療(根の治療)を施します。壊死した神経や膿を消毒・殺菌し、根管内の菌を完全に死滅させてから被せ物を入れます。

C4C4 / 残根状態
歯質がほとんど失われ、残っているのは根だけの状態です。残っている歯質があり治療が可能であれば、根管治療(根の治療)を行って被せ物を入れます。なお、それでも保存が難しい場合は抜歯となります。


トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 虫歯の進行状態と具体的な治療方法


PAGE TOP