トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 小さな虫歯を見過ごさないために、早期発見・早期治療のすすめ

小さな虫歯を見過ごさないために、早期発見・早期治療のすすめ

歯磨きの時などに、歯の色が少し変わった部分を発見したのに、食べ物や飲み物が染みたり、痛みを感じたりはしないから...と放置してしまい、後から後悔した経験はありませんか?

一般歯科・虫歯治療

歯の表面が何となく黒っぽく見えても、冷たい水や熱い食べ物がしみないからと、放置させていませんか?そのままの状態が長引くと、どんどん進行していくだけです。

ちょっとした体調不良や怪我であれば、免疫力が働いて、時間の経過とともに自然に治っていきます。ところが虫歯は違います。放っておいても自然治癒することはなく、悪化の一途をたどるだけ。場合によっては歯を失うことにもなりかねませんので、早めに歯科医院で診察を受けることをおすすめします。

虫歯予防のファーストステップは早期発見・早期治療です
「もっと早く治療を受けていれば、抜歯せずにすんだのに......。」そう悔やんでも後の祭り。失った歯を今から取り返すことはできません。悔いを残さないためにも、お口の中のちょっとした変化にも敏感になって、早めの診断と治療を心がけることが肝心です。

ごく初期の虫歯でしたら歯を大きく削らず、簡単な治療で済みますので、患者さまや歯に大きなダメージを与えることがありません。また、治療期間の短縮と治療費の軽減にもつながります。歯の表面の茶色い変色やザラツキがあれば、できるだけ早めに歯科医院で受診されることをおすすめします。


トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 小さな虫歯を見過ごさないために、早期発見・早期治療のすすめ


PAGE TOP