トップへ » 治療案内 » 歯周病治療 » 【最新歯周病治療】内服薬で歯周病を根絶する

【最新歯周病治療】内服薬で歯周病を根絶する

あなたは、こんな症状でお困りではありませんか?

●歯を磨いていたら、歯ぐきから出血する。
●歯ブラシがあたると痛い
●歯を磨いているのに、口臭が気になる
●朝起きると、口の中がねばついて気持ちが悪い。

もし、一つでも当てはまることがあれば、歯周病の可能性があります。できるだけ早く専門医の診断を受けましょう。

歯周病とは

歯周病は歯を失う恐ろしい病気
歯周病は、歯周病菌がもたらす口腔内の感染症です。初期段階では自覚症状がありませんので、ほとんどのかたは感染していることに気づきません。進行するにつれて歯肉の腫れや出血など、様々な症状が現れてきます。さらに悪化すると、歯を支えている歯槽骨や歯肉が溶かされていき、やがては歯を支えきれなくなって抜け落ちてしまう病気です。

歯周病が進行する過程
歯周病は次のような段階を追いながら、重症化していいます。

歯に付着した歯垢(プラーク)が固くなって歯石となります。歯と歯茎の間に溝(歯周ポケット)ができると、内側に汚れが付着して細菌の温床となります。細菌によって歯肉の炎症が起き、それが歯周ポケットの深くまで広がると、やがて歯根膜や歯槽骨が細菌によって溶かされていき、歯がぐらつき始めます。さらに歯の動揺が大きくなると、やがて歯を支えきれなくなって脱落してしまいます。

歯がぐらつき始めると、通常の治療では完治が難しく、放置しているとさらに悪化して、歯を失うことにもなり兼ねません。そうなる前に、早めに歯医者さんに相談することをおすすめします。


トップへ » 治療案内 » 歯周病治療 » 【最新歯周病治療】内服薬で歯周病を根絶する


PAGE TOP