トップへ » 治療案内 » 審美歯科治療 » 審美歯科治療は歯科医師の技術力に左右される治療

審美歯科治療は歯科医師の技術力に左右される治療

審美歯科治療審美歯科治療とは、整った歯並びや白くて美しい歯など、審美性を重視した歯科治療です。「口元の美しさだけを考えた治療」をイメージされるかもしれませんが、美しさだけを追求しているわけではありません。本来の審美歯科とは、口元を美しくすることでその人本来の魅力を一層引き立てるとともに、歯が受け持っている機能を具備した治療です。そのため、歯科医師の技術力など、高いレベルが要求されます。

<医師に要求され3つの要素>
1.患者さまが求めていることを聞き出すカウンセリング力
2.審美性の高い口元を考えるデザイン力
3.豊富な臨床実績

知っていますか!? 保険診療と自費診療の違い

審美歯科歯科治療の診療形体には、健康保険が適用される保険診療と、保険が適用されない自費診療があります。


保険診療~3割または1割の自己負担額
保険診療は、日本国籍を有し、国内に居住されているすべての方に摘要されるもので、病気や怪我になったとき保険証を提示すると、一般的な医療を受けることができます。負担額は治療費の3割、または加入する保険制度によっては1割です。

治療方法や使用する薬など様々な規定があり、審美歯科やインプラント、PMTCなど、より高度で審美性・快適性を追求した治療には摘要されません。こうした治療は全額自己負担の自費診療になります。

たとえば、歯周病治療の場面では、症状によっては保険診療・自費診療の混合で行うことあります。

自費治療~全額自己負担
審美歯科はより美しさを追求した治療ですので、自費治療となります。特に人工歯は使用する素材によって、仕上りの美しさが変わってきます。保険診療のレジンや金属を使うよりも、自費のセラミックスやジルコニアの方が、仕上りの美しさや機能性、耐久性において格段に優れています。治療費が高くなるため患者さまの負担も増しますが、保険診療では実現できない快適さを得ることができます。

審美歯科治療は自費診療です

審美歯科診療を受ける際、患者さまのご希望により、自費診療・保険診療のいずれかを選択することができます。ところが審美歯科は複雑で、2つの保険診療を使って治療を行うことが珍しくありません。治療を受ける際には、治療費負担を考慮した上で治療方法を検討する必要があります。

当院では、患者さまにご無理がかからないよう、ご予算やご要望をお聞きしながら、ベストな治療計画をご提案いたします。治療内容や費用などについてご要望がありましたら、お気軽にお申し付け下さい。


トップへ » 治療案内 » 審美歯科治療 » 審美歯科治療は歯科医師の技術力に左右される治療


PAGE TOP