トップへ » 治療案内 » インプラント » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

【STEP1】スキャンニング
診査を行います。診査内容は、虫歯や歯周病の検査・デジタルレントゲン撮影を行います。また口腔内全体と残存歯の状態と、歯を失った部位のあごの骨の状態も確認します。
次へ
【STEP2】CT検査
インプラント治療に必要な検査を、さらに詳しく行います。歯科用CTでインプラントを移植する位置の骨の質量を確認します。
次へ
【STEP3】治療計画
検査結果をもとに、患者さまに適した治療計画を作成します。治療方針や治療期間・費用などは、患者さまのご要望と歯科医師の見解を踏まえた上で説明いたします。
次へ
【STEP4】埋入手術
患者さまの骨の状態により、1回法もしくは2回法のいずれかで手術をします。
造骨手術など複座な処置が伴う場合は2回法で行います。2回法は、1回目の手術で歯肉の中にインプラント体全体を埋め込み、2~3か月後に、再度手術を行ってインプラント体の頭を歯肉の上に出す術式です。
次へ
【STEP5】治療期間
インプラントと骨が定着するまでの期間は、およそ3か月かかりますので、この間は、仮歯を装着します。
次へ
【STEP6】型取り
インプラントと骨が結合した後、上部構造の型取りをし、人工歯を製作した後、装着します。
次へ
【STEP7】メンテナンス
人工歯の装着をもって、一連のインプラント治療は終わります。インプラントは治療を終えてからのケアケアが大切です。安定した状態を保ち続けるためにも、毎日の歯磨きとメインテナンスを心がけて下さい。


トップへ » 治療案内 » インプラント » インプラント治療の流れ


PAGE TOP