トップへ » 治療案内 » 義歯 » その他の入れ歯の種類

その他の入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー(インプラント義歯)ノンクラスプデンチャー(インプラント義歯)
従来の入れ歯は固定する銀色のバネがどうしても見えてしまいますが、インプラント固定タイプの入れ歯では固定部分が入れ歯の裏側にあるので、表からバネは見えません。入れ歯を入れたことにより顔つきが変わってしまった方など、見た目を気にされる方には特にオススメしています。また、インプラントを使用することで噛みしめる感覚もあり、料理も美味しく食べられます。

金属義歯金属義歯
床部分に金属を使った入れ歯です。薄くて軽く、安定性・快適性に優れています。また使用時の違和感がほとんどなく、ズレやガタつきといった心配がありませんで、はっきり喋ることができます。熱が伝わりやすい特性があり、食べ物の熱さや冷たさを感じることができるので、食べ物の味を損なわず、火傷の心配もありません。

保険適用の義歯保険適用の義歯
保険適用のプラスチック素材を使った入れ歯です。審美性や快適性、安定性の問題で敬遠される方もいますが。食事や会話など、日常的に問題なくお使いいただけます。特に初めて入れ歯を作る方は、まずは保険適用の入れ歯から慣れていき、さらに快適な入れ歯が必要になったときに、ワンランク上の入れ歯に代えることをおすすめします。


トップへ » 治療案内 » 義歯 » その他の入れ歯の種類


PAGE TOP